未分類

会計ソフト2強、マネーフォワード クラウドとfreeeのどちらを使うべき?

会計ソフト2強、マネーフォワード クラウドとfreeeのどちらを使うべき?

クラウド会計ソフトでシェアNo.2の「マネーフォワード クラウド会計」(旧MFクラウド会計)。クラウド会計ソフト普及の波に乗じて、導入企業数を大きく伸ばしています。

この記事ではマネーフォワード クラウドでできることから、シェアNo.1のfreeeと比較した「マネーフォワード クラウド会計」の機能や価格・特徴まで、徹底解説します。

クラウド会計ソフトとは?

クラウド型の会計ソフトと比較されるのは、インストール型の会計ソフトです。

クラウド型ではインターネットを介して会計ソフトを利用するのに対して、インストール型では自分のパソコンにソフトウェアをインストールして使います。

では、クラウド型とインストール型のどちらを導入すれば良いのでしょうか?

結論として、クラウド型会計ソフトをおすすめします。

クラウド型のメリットとしては、以下のような点が挙がられます。

・WindowsでもMacでも使える
・ネット経由だから、どこでも、スマホでも使える
・バージョンアップが不要
・銀行口座やカード明細などから取引データを取り込める

一方、デメリットとしては、ページが重く挙動が遅い場合がある、という点が挙げられます。しかし最近は通信速度も劇的に向上していますし、デメリットである操作性も昔ほど気にならなくなりました。

結果として、クラウド会計ソフトの「銀行口座やクレジットカードなどの明細データを自動で取得できる」というメリットがあまりにも強力なため、クラウド型の普及が進んでいるというのが現状です。

マネーフォワードクラウド会計でできること

マネーフォワード クラウド会計の基本的な機能を紹介していきます!

1. 取引明細を自動取得

クラウド会計ソフトを利用する最大の魅力がこの機能です。

例えば銀行明細だと、マネーフォワード クラウド会計と連携している金融機関のインターネットバンキングの口座から、入出金の履歴の明細データを取り込み、自動で仕訳をしてくれます。

この機能により、会計業務の中でも時間がかかる帳簿作成のためのデータ入力の負担を大幅に軽減することができます。けっして安いとはいえない会計ソフトですが、業務負担を軽減した分、人件費などのコストが浮くと考えれば、十分におつりがくるといえます。

2. 会計帳簿・経営レポートの自動作成

登録した取引から会計帳簿を自動で集計・作成できます。また、日々入力した取引の集計結果をわかりやすいグラフで表示。

24時間いつでも経営状況をひと目で把握できます。

3. 決算書作成機能

日々の経理処理を行うだけで決算書が作成できます。法人の決算書として、貸借対照表や損益計算書のファイル出力・ダウンロードが可能です。

 

マネーフォワードクラウド会計の2つの特徴

マネーフォワード クラウド会計の基本的な機能を紹介してきましたが、次は他の会計ソフトと比較した、マネーフォワード クラウド会計の特徴を紹介していきます!

1. 充実した連携サービス

マネーフォワード クラウド最大の魅力が、充実した連携サービスです。連携サービスで生じたお金の出入りを自動取得し、自動仕訳することができます。

頻繁に利用するサービスがある場合、連携による業務削減効果は絶大です。

マネーフォワード クラウド会計が連携できるサービスはクラウドソーシング、決済、POS、Eコマースなど他の会計ソフトと比較しても広い領域にわたり、充実しています。自分の会社がよく使うサービスと連携しているかどうかは要チェックです。

2. 安心のセキュリティ

クラウドサービスで心配なのが、セキュリティ。その点でマネーフォワード クラウド会計は安心です。

マネーフォワード クラウドは、グローバルスタンダードの TRUSTe や、日本工業規格JIS Q 15001に適合するプライバシーマークを取得しています。

また金融機関のシステムを担当していたプロが構築しており、かつ、定期的に外部のセキュリティ評価会社の第三者評価を受けてセキュリティ面の改善も行っているなど、セキュリティに対する意識の高さがみられます。

マネーフォワードクラウド会計の料金プラン

マネーフォワード クラウド会計を提供する株式会社マネーフォワードは、クラウド会計以外のサービスも提供しています。

経理から労務まで、バックオフィス全般の効率化をサポートするツールをまとめてお得に利用できるのが、マネーフォワード クラウドです。

法人向けと個人向けのプランがあり、それぞれ月額・年額プランが設けられています。

法人向け

個人事業主向け

法人向けプラン・個人事業主向けプランを問わず、マネーフォワード クラウド経費やマネーフォワード クラウド給与を利用する場合、6名以上は従量課金制になります。

また導入後、1ヶ月間は無料で利用できます

法人向け2プランの大きな違いは、登録可能な部門数とクラウドストレージの容量です。

登録可能な部門数は、スモールビジネスプランで2部門、ビジネスプランでは無制限かつ2階層です。ストレージの容量はスモールビジネスプランで100MB、ビジネスプランでは10GBまでです。ストレージ容量を超えてしまった場合は、あとからのプラン変更で対応できます

マネーフォワードクラウド会計の評判・口コミ

まだまだ未完成

この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?
料金が安価で基本的な経理処理ができます。
遠隔にいる方(会計士、監査など)にも招待をすることで
細かくチェックしてもらうことが可能です。
銀行と連携すると入出金のデータが自動で取り込みされるので
仕分けが楽になります。また学習機能もあります。
改善してほしいポイントは何でしょうか?
私の会社では複数の部門があるので、ユーザーによって部門毎に閲覧権限が欲しいのですがこの商品にはありません。また入力の制限が細かく設定できないため
複数人で入力している場合、どのユーザーが仕分登録したものなのかわかりません。予算管理機能(別会社のオプションあり)がありません。
自由度が高い分、デメリットも多いです。
また合計残高などを開いたときに、その期のすべてが一旦集計されます。その集計には時間を要するのでストレスが溜まります。開いたときに何もアクションをしないよう改善を強く求めます。
どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?
まだまだPCAやオービック、弥生などの専用ソフトには追いついていません。
サポートも基本的には役に立ちません。

過去の数字の管理から未来のためのデータ活用になります

この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?
法律で決められた会計作業を効率化するだけでなく、未来のことを考えるための活用がしやすいです。特にキャッシュフローや費用のデータが折れ線グラフや円グラフにビジュアライズできるのはありがたいです。
部門別、得意先別、仕入先別などの分類は標準機能として備わっていますが、私の組織では「タグ」機能で新規顧客や既存顧客、商品の分類、地域など独自の切り口で素早く参照できるような使い方をしています。これがとても役に立っています。
あと、マネーフォワードクラウドはウェブブラウザのタブを複数開けます。これは地味ですが使い勝手にとても重要な点です。一方では残高試算表を開き、もう一方では仕訳帳を開くような使い方が可能です。私の組織では顧問の都合で他のクラウド会計サービスも使っていますが別のサービスではこれができないので、早くマネーフォワードクラウドに一本化したいと思っています。
改善してほしいポイントは何でしょうか?
必要な機能は揃っているのでほとんど無いのですが、強いて挙げるならユーザーインターフェースを洗練したほうがよいです。自分の仕事柄そう思ってしまうのですが、マネーフォワードのように一通りの機能がほぼ揃っているからこそ、とても重要な改善点だと思います。Google や Microsoft のウェブアプリケーションのようにユーザー心理をとことんまで具体的に想定されたうえで作られたUIになると、いよいよ比較対象が無くなると思います。
どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?
人、場所、時間を選ばない会計作業ができるようになりました。誰もがいつでも入力できます。その結果、マネーフォワードクラウドを使うすべてのスタッフが数字の意識を持つようになりました。
検討者にお薦めするポイントがあれば記入ください
金融機関口座連携、クレジットカード連携、ウェブブラウザのタブの同時起動がポイントです。

使いやすい

この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?
MFシリーズの特徴かもしれませんが、チャットによるサポートがはやい。キュー(待ち状況)もわかるし、ちょっと席を空けてもたいてい解答してくれるので便利です。他のMFサービスより前からあるからかカスタマーサポートの回答内容も安定しています。
改善してほしいポイントは何でしょうか?
PayPalと連携させているが、為替計算が考慮されないので、外貨で送金したらPayPalの金額とMF会計上の金額が合っているのか毎回確認し、あってないので手入力で直すのが少しめんどいです。あとはPayPalの自動振り分けがなぜか銀行の方と比べるとうまく機能していないです。一度勘定科目を自動振り分け登録すると、それが上書きされて次の全く関係ない取引でも同じ勘定科目になります。なのでPayPalの自動振り分け機能は使ってないです。
どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?
時間短縮。推移表なので現在の財務状況が簡単に見れるので助かります。紙ベースでやってた昔の人は本当にすごいです。

freeeとマネーフォワードクラウド会計の比較

筆者が自信を持っておすすめする会計ソフトは、freeeとマネーフォワード クラウド会計の2つです。

ではどちらを使うべきなのでしょうか?

クラウド会計ソフトNo.1のシェアをもつfreeeと、マネーフォワード クラウド会計を比較していきます。

1. シェア

上の円グラフが示すように、クラウド会計ソフトではfreeeが全体の3分の1程度のシェアを占め、頭一つ抜き出ている状態です。

2. 料金と機能

freeeとマネーフォワード クラウドのそれぞれのプランの料金(月額・税抜)はどれも初期費用は無料です。

冒頭に説明をしたように、freeeのミニマム版とベーシック版の最大の違いは経費精算機能の有無です。

ベーシック版は経費精算機能がつく代わりに月額2,000円が上乗せされています。

人気の経費精算システムであるジョブカン経費精算の料金が、一人あたり月額400円ですから、人数制限なく月額2,000円というのは、かなりお買い得だということが分かります。

freeeにはこれらとは別に予実管理機能が付随されたプロフェッショナル版も月額39,800円で用意されています。

freeeのミニマム版とマネーフォワード クラウドのスモールビジネス版の違いは、請求書機能です。マネーフォワード クラウドのスモールビジネスでも請求書機能はありますが一部機能しか使うことができません。

マネーフォワード クラウドのビジネスプランであれば、全ての請求書機能を利用可能です。

マネーフォワード クラウドのスモールビジネス版とビジネス版の違いは、登録可能な部門数とクラウドストレージの容量です。基本的に社員10人未満の会社で利用する場合は、スモールビジネス版で十分です。プランの移行は比較的簡単です。

以上をまとめると、以下のようになります。

  • 請求書機能が必要であればfreee
  • freeeを使ううえで、経費精算機能が必要であればベーシック
  • マネーフォワード クラウドを使ううえで、10人以上の会社ならビジネスプラン

3. UIと操作性

freeeとマネーフォワード クラウド会計の最大の違いがUI(ユーザーインタフェース)です。

freeeの最大の特徴は、簿記の知識に乏しい人でも利用しやすいように設計された操作画面です。

一方でマネーフォワード クラウド会計は「借方」「貸方」といった表現がでてくるなど、簿記の知識がある人が自然に操作できるような設計になっています。

freeeとマネーフォワードクラウド会計、どっちがいい?

freeeとマネーフォワード クラウド会計の最大の違いはUI(ユーザーインタフェース)です。誰が実際に会計ソフトを扱うかでfreeeかマネーフォワード クラウドを選びましょう。

初心者が使うならfreee

簿記の知識が乏しい人でも感覚的に操作することができるのが、freeeの大きな特徴です。例えば経営者が会計を兼務するなど、その特徴を最大限活かすことができる会社ではfreeeを使うべきです。

 

経験者が使うならマネーフォワード クラウド会計

初心者のためにデザインされているがゆえに、freeeの操作画面はやや特殊です。基礎知識が十分にある経験者は、マネーフォワード クラウド会計の方が使いやすいと感じるはずです。